さとう式リンパケア

さとう式リンパケアは、歯科医である佐藤青児先生が開発した、アゴの関節運動を利用して口腔から身体全体をゆるめリンパを流れやすくし循環障害を改善する健康・美容法です。


顎関節症の症状をやわらげる治療の一環として名古屋で生まれましたが、今や日本のみならず、海外にも広がりを見せています。
さとう式でケアするリンパとは、リンパ間質液。


筋肉の緊張と収縮を緩めることで、このリンパ間質液を「流れやすい状態」にし、細胞に必要な酸素や栄養素を行き渡らせ、 また老廃物もスムーズに排泄することができます。


重要なポイントは「優しいタッチ」
間質リンパを流すのに、「押す」「揉む」「引っ張る」ことは全く必要ありません。
嬉しいことに、短時間のケアですぐに効果を実感できます。